2度目の冬その肩を

現実逃避なう。